導入事例 -チケットガード少額短期保険株式会社様-

EXEX(エグゼクス)少額短期保険

 コスト・スピード・汎用性が決め手
 次々とサービス展開が挑戦可能に


導入事例 - チケットガード少額短期保険株式会社 会社概要 -

チケットガード少額短期保険株式会社様
社名 チケットガード少額短期保険株式会社
事業内容 少額短期保険サービス
所在地 東京都品川区東品川4-12-8
品川シーサイドイーストタワー2階
設立 2011年4月
資本金等 3億3500万円


チケット代金や旅行代金を補償する保険、「チケットガード」を展開するチケットガード少額短期保険株式会社。
保険サービスの対象を拡大していく方針の下、新たにインターネットの契約・申込みサイトを必要としていた。コスト、スピード、汎用性の観点から選んだのが『エグゼクス少額短期保険 契約申込onクラウド』だ。
コストと手間をかけずに次々とサイトを構築できるため、同社のスピーディーなビジネス展開に大いに役立っている。


サービス拡大に合わせて新たな申込みサイトが必要に

チケットガード少額短期保険株式会社(以下、チケットガード社)は、チケット代金や旅行代金などを補償するという日本初のユニークなサービスを展開している会社だ。例えばコンサートのチケットを買ったものの、急な出張や病気、交通機関の遅延などの事情で行けなくなった。こんなときに使用しなかったチケットの代金を支払う保険だ。欧米ではすでに人気を得ていた保険だが、日本では同社が2011年に最初に手がけ、今も先駆者としてマーケットを開拓しつづけている。
当初、ぴあを代理店に『チケットぴあ』で発売するチケットに付帯するサービスとしてスタートし、現在は、Peach Aviationの航空チケットや大阪市のフェスティバルホールで開催されるイベント、旅行会社を代理店としてパッケージ型旅行商品などにも保険サービスを拡大しているところだ。代理店や取り扱う対象の拡大に合わせて、販売のための新たなWebサイトが必要だったことから、採用したのが『エグゼクス少額短期保険 契約申込onクラウド』(以下、エグゼクス契約申込)だ。


スピード、コスト、汎用性が決め手
代表取締役
経営企画部長
秋山由美氏

当初はベンダーに独自に作成してもらうスクラッチ開発かパッケージ導入の両方で検討はしていた。しかしスクラッチ開発における「一から要件定義をして、構築していくとなるとスピードとコストの面で条件に合いませんでした」。こう話すのは、代表取締役経営企画部長の秋山由美氏だ。エグゼクス契約申込は、契約・申込み用のWebサイト構築とクレジットカードによる保険料決済ができるシステムだ。シチュエーションを絞り、予め必要な機能がシンプルに備わっているため、様々な代理店に対しても少しのカスタマイズで対応できる。スピードとコストに加えて、この汎用性の3点が、パッケージ導入の決め手となった。
導入も極めてスムーズに進んだ。2014年2月にPeach Aviationのチケットへの保険サービスを開始するあたり、この導入プロジェクトはスタートした。話が始まったのは2013年11月。チケットガード社が画面に必要な機能を挙げ、それを基にシステムエグゼがプロトタイプを作り、適宜やりとりをしながら仕上げていった形だ。実質2カ月強の間に4~5回の打ち合わせを経て、完成に至った。
導入時、特に困難な点はなく疑問点や要望に対して速やかに対応し、スケジュールに影響を及ぼすようなことはなかった。


導入で広がった可能性 新たなビジネスへの挑戦が可能に
情報システム室
マネージャー
井上秀丸氏

Webサイトの画面は自由に構築できるため、UI(ユーザーインターフェース)にも細かに工夫をこらした。それが奏功し、リリース後は、実際に画面を使うエンドユーザーからの問い合わせもほとんどない。極めて順調に稼働していると言っていいだろう。また、「クラウドベースのサービスなので、サーバーも必要なければ、運用やサイジングも含めたすべてをシステムエグゼに任せられる。システム運用担当者の負荷も考えれば、それも大きなメリットだった」と情報システム室マネージャーの井上秀丸氏は語った。
導入の効果について、秋山氏は言う。「サービスのスタートに合わせて作ったので、導入前と導入後の効果を検証することはできません。ただ、このシステムがなかったら、営業機会を逸していただろうとは言えます」。パッケージ製品で、新たなWebサイトの構築が容易にできるエグゼクス契約申込は、追加の投資コストも少なくて済むことから、新しい代理店との取引や新しい商品の取り扱いに果敢にチャレンジできるという利点がある。「マーケットを開拓している当社にとっては、新たな案件に対して『一度やってみよう』という意思決定が容易にでき、その結果、市場の見極めができることは、経営上、非常にプラスになっていると思います」と秋山氏は言う。
一例を挙げるならば、Peach Aviationの後に同社は、マラソンの参加料を補償する保険サービスも手がけた。特にマラソンの様な単発のイベントでは、大がかりなWebサイトを構築する時間、費用の余裕はない。ここでもエグゼクス契約申込が、その特性を存分に発揮した。今後、積極的に代理店や商品を増やすという方針を掲げる同社にとって、今やエグゼクス契約申込はなくてはならないシステムとなっているようだ。


ビジネスに対する熟知が大きな付加価値

導入全体を通しての感想も聞いたところ、スピードや汎用性に加えて、ポイントとして挙がったのは「ビジネスを熟知している担当者が多い」という点だ。「当社側から仕様がもれても、システムエグゼ側から逆に提案をしてくれました。言われた通りにしか作らないようなシステム会社もあると聞く中で、非常に付加価値の高い対応だと思います。またそれを実現する技術力も同様です。当社としては細かいところまで注文しきれませんが、そこをプロとしてフォローしてくれます。これからも当社のビジネスを展開する上での強力なパートナーとなってくれるでしょう」(秋山氏)。
独自性の高いサービスを展開しているがゆえに、システム開発側のビジネスへの理解はプロジェクトの成否に大きく関わる。その点、エグゼクス契約申込は「契約等のインターネット申し込みサービス」の領域に絞り、専門性と汎用性を際立たせていることが、お客様の高い満足度につながったのだろう。
このシンプルだが十分に検討し、絞り込まれた機能と、運用までを含めたワンストップサービスは、少額短期保険のほか会員サービスの申し込みや商品数の少ない商取引などにも適している。特にチケットガード社のように、これからビジネスを積極的に拡大しようというステージの会社には、小さく始めて自在に横展開できる点が大きなポイントになるだろう。


導入前後効果


 記載されている会社名、製品名、サービス名およびロゴはシステムエグゼおよび各社の商標または登録商標です。
 製品の仕様・性能は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。(2015年6月現在)



EXEX少額短期保険に関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

ページの先頭へ