セミナー情報

【好評につき第二弾!】IT内部統制の諸問題に関する最新動向 無料セミナー

※終了致しました

  ~IT内部統制の諸問題(指摘事項)の動向と、
    システムエグゼが独自開発した対応ソリューションのご紹介~

個人情報保護法施行より8年が経過し、日本版SOX法の適用開始から5年が経過しました。
不正を排除すべき法整備が進められながら、未だに情報セキュリティインシデントは減少しておりません。
日本版SOX法では、企業に対し多くの統制項目が提示され、多大な投資を強いられましたが、IT統制については、未整備な状況が続いており、監査法人により多くの諸問題(指摘事項)が報告されております。
ITがクラウド等で複雑化する中、自分の企業を守る為の対策を改めて考える時期ではないでしょうか。

本セミナーでは、情報セキュリティインシデント・サイバー攻撃対策の最新動向と、IT内部統制での指摘事項を基に、データベースに精通した技術者集団であるシステムエグゼが、これまで独自開発を行ってきた対応ソリューションについて、ご紹介させていただきます。

主催 株式会社システムエグゼ
開催日時 2013年9月10日(火) 14:00~16:50 (受付開始:13:30)
対象 内部統制・セキュリティ対策ご担当 及び 情報システム企画ご担当の方
場所 株式会社システムエグゼ セミナールーム
東京都中央区新川 2-1-5 THE WALL 6階
アクセス情報
費用 無料
定員 30名

■プログラム

14:00~15:00
(60分)
Session1
IT内部統制 諸問題(指摘事項)の動向と、対応ソリューションのご紹介
・情報セキュリティインシデントの動向
・サイバー攻撃対策の動向
・コンピュータ犯罪への取り組み(システム監査~J‐SOX)
・J-SOXの概要と勘所~現状の課題
・IT内部統制 諸問題(指摘事項)
・情報セキュリティインシデント発生時の緊急課題
・不正行為への対策~システムエグゼ製品の紹介
15:00~15:30
(30分)
Session2
アクセスコントロールの不備への対応
アクセス管理再整備時必須なデータベース監査ツール『SSDB監査』のご紹介
データベースは会計などの財務データ、社員や顧客の個人情報など、企業の重要資産です。
データベース監査がすぐできる『SSDB監査』は、システム管理者、データベース管理者によるデータベースへの全ての行為を漏れなく取得し、禁止行為を行った場合にはアラート通知を行うことが可能です。
15:30~15:40 休憩(10分間)
15:40~16:00
(20分)
Session3
システムエグゼがご提案する『なるほど納得!内部統制対策』
【システム開発の不備への対応 開発環境再整備時有効なテストデータ生成ツール 『テストエース』のご紹介】
本番データがテストデータになる『テストエース』は、政府系金融機関にも導入されている最強のテストデータ生成ソリューションです。
テストデータ生成時のさまざまな課題を解決致します。独自の特許技術で本番環境の個人情報を自動判別し変換を行うことで、そっくりなテスト環境(本番データに近いテストデータ)をすぐに構築することが可能です。高品質なシステム開発・運用をお手伝い致します。
16:00~16:20
(20分)
【システム運用の不備への対応 データベース変更管理支援ツール『DBエース データメンテナンスエディション』のご紹介】
『DBエース データメンテナンスエディション』はデータベースに関する知識を必要とせず、Webインターフェースから簡単にデータベースに登録された情報の更新・削除・照会・登録といった一連の操作が実現できるデータベース運用支援ソリューションです。
16:20~16:50
(30分)
【質問コーナー】
上記セッションでのご不明な点はもちろん、お客様の状況に合わせた導入メリットについてもご説明させていただきます。
お問い合わせ
システムエグゼ セミナー事務局
TEL : 03-5542-5592
※プログラム内容や開催日時等は、都合により変更する場合がございます。
※参加申込数が定員を超過した場合はお断りさせていただく場合がございます。
※競合他社様、本人様確認が取れない場合はお断りさせていただく場合がございます。

セミナー・イベント情報一覧に戻る

ページの先頭へ