製品情報

DBエース データメンテナンスエディション

データメンテナンスをすべての人に DBエース

製品概要

DBエース データメンテナンスエディションは、データベースの構成情報を解析し、対象データベースのデータメンテナンスを行うためのユーザインタフェースを自動生成するソリューションです。
Webベースのメンテナンス画面は、業務担当部門や営業部門など、データベース・SQLの知識がない担当者でもデータ修正を可能にします。
人手を介したデータメンテナンスや、システム毎に異なるマスタメンテナンスツールを利用する環境では、運用の効率性やセキュリティ対策が課題となりますが、 DBエース データメンテナンスエディションは対象システム・利用ユーザの一元管理により、誰でも簡単かつ効率的で安全にデータメンテナンス作業ができる環境を提供いたします。



データベース メンテナンス業務における課題

システムを介さず人手によるデータメンテナンスの実施は、誤操作によるデータ消失・破壊のみならず、悪意による情報漏えいリスクが伴います。
一般的に、データベースのメンテナンスツールを利用している場合でも、対象システム毎にツール開発が行われるケースがほとんどのため、運用上の負荷やセキュリティ面で多くの問題を抱えています。

専門知識の問題

業務部門担当者にデータベース・SQLの知識がないため、データメンテナンス作業が各部門で行えない。

運用効率の課題

システム毎に異なるメンテナンスツールが存在し、利用者の操作教育や、保守上の問題等運用の手間がかかる。

セキュリティ上の課題

ユーザ管理や、操作ログの保存ができない等のセキュリティ対策・コンプライアンス上問題がある。



DBエース データメンテナンスエディションの特徴

データベース構成情報からメンテナンス画面を一括自動生成!!

開発・運用コストを大幅に削減

DBエース メンテナンスエディションでは、対象データベースの構成情報を解析し、複数の対象があってもメンテナンス画面を一括で簡単に生成する事が可能で、開発・運用コストの大幅な削減を実現 します。

データベース メンテナンス作業の生産性向上

直感的な操作が可能なWEBインターフェースの提供により、SQLの知識がない担当者でもマスターテーブル・トランザクションテーブルの汎用操作(更新・削除・照会・登録)が簡単に実行でき、飛躍的に業務効率がアップします。

セキュリティ強化及びコンプライアンスへの対応

ユーザ単位に操作可能なデータベースのアクセス権限を付与でき、操作履歴を記録します。
誰が、いつ、どのテーブルに対し、何をしたかの記録が可能で、不要なデータへのアクセスによる情報漏えいリスクへの対策はもちろん、不正がないことの証明、また、万が一権限がある担当者の不正があった場合もその発見と被害範囲の特定に必要な情報を提供いたします。





DBエース データメンテナンスエディションに関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

ページの先頭へ