製品情報

DBエース データマスキングエディション

「DBエース データマスキングエディション」の後継製品、
「テストエース」がございます。→詳細はこちら



製品概要

DBエース データマスキングエディションは、データベースから抽出した実データに含まれる個人情報を秘匿化し、 高品質なテストデータを手間をかけず迅速に生成するためのソリューションです。
マスキング処理でデータを任意の文字列に変換するだけでなく、あらかじめ製品に登録された氏名・住所・ 電話番号などの豊富な擬似データと、さまざまなデータ加工ルールの活用により、個人情報を秘匿化することはもちろん、 テーブル間の整合性も意識した高品質なテストデータの生成が簡単に作成できます。

DBAマスクイメージ


テストデータ作成の課題

システム開発時における動作検証で使用されるテストデータの品質は、システム自身の品質に直結します。
件数だけを意識しリアリティに欠けるデータを用意すると、全ての問題が露呈しない不十分な検証となるため、 テストデータは本番と同様のデータ量/質/データベース構成のものを準備する必要があります。
しかしながら、人手での作成は多くの工数が必要となるため、本番データを利用して検証を行っているケースも少なくありません。
当然ながら本番データには重要情報が含まれているため取り扱いには細心の注意を払う必要がありますが、 開発の外部委託・オフショア開発等、データの利用が自社内にとどまらない中、昨今この本番データのテストへの利用が開発会社を通じた個人情報漏えい事故の発生等の一因ともなっています。

ページの先頭へ