製品情報

テストエース

個人情報解析機能

本番データベース内のテーブル情報の解析を行い、自動的に個人情報項目を特定・判断し、最適な変換方式をユーザーに提案します。


個人情報解析機能イメージ



変換機能

擬似データ変換

本番データに類似した擬似データに変換します。


漢字の読みに対応したカナ表記

擬似データ変換イメージ1

郵便番号に対応した住所

擬似データ変換イメージ2

マスキング変換

置換文字を指定し、データを置き換えます。

例:文字列を「*」に変換

マスキング変換イメージ1

開始位置や終了位置の設定も可能です。

例:4文字目から7文字目までを「*」に変換

マスキング変換イメージ2

ランダム変換

ランダム値の範囲を指定し、データを置き換えます。

例:数値をランダムに変換

ランダム変換イメージ1

例:日付をランダムに変換

ランダム変換イメージ2

ユーザー定義変換

ユーザーの定義したルールに沿って、データを変換します。

例:先頭の文字を「森」に変更

ユーザー定義変換イメージ1

例:1文字目と3文字目を入れ替え

ユーザー定義変換イメージ2

例:右に1文字移動(末尾文字は先頭に)

ユーザー定義変換イメージ3

リレーション維持変換

郵便番号に対応した住所

データ変換後もテーブル間の関連性や一意性制約の維持ができ、本番環境に酷似したテスト環境を実現します。

リレーション維持変換イメージ


ファイル出力機能

変換後のデータを検証環境データベースへロードするだけでなく、ファイルとして出力することも可能です。ファイル形式はCSV、TSV等に対応しています。


ファイル出力機能イメージ


CUI実行機能

ユーザーインタフェースは、使い勝手の良いGUIのほか、コマンド、シェルスクリプトによるアプリケーション実行ができるCUIも搭載し、バッチ処理での変換作業も可能です。



レポート機能

実行した変換処理に関する詳細な報告帳票(対象テーブル情報、変換方式、データ抽出条件および出力データ件数)の出力を行うことができ、作業の証跡として活用いただけます。




| 特徴 | 機能 | 導入事例 | 構成・動作環境 | お問い合わせ |


テストエースに関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

ページの先頭へ