ISAC2

PC操作をすべて録画する情報漏えい対策用セキュリティパッケージ「ISAC2」

製品概要

ISAC2は監視対象のPC操作を動画とテキストログで記録し、アクセスコントロールを行うことでPCの不正操作や情報漏えいを防止するためのセキュリティパッケージです。
PCの操作を動画とテキストで常に記録していることによる不正の抑止効果と、企業側からの必要に応じたアクセスコントロールによって、リスクを大幅に軽減させることを可能にします。

特徴

ISAC2には大きく分けて二つの機能があります。

ISAC2の特徴2つ

動画とテキストで記録するログ機能

物理環境はじめ、VDI・SBCなど仮想環境プラットフォームも含めたすべてのWindows上の操作を録画します。通常、動画を記録する場合、記録容量の大きさがしばしば問題となりますが、ISAC2では最新の映像圧縮アルゴリズムと、トラップを仕掛けて録画を開始させ、必要な部分だけを録画することで、その問題を解決しています。※1
また、監視対象のサーバーにロガーエージェントをインストールすることで、録画内容と完全に同期したテキストログの作成が可能になり、テキストログをクリックするだけで、見たい録画シーンを簡単に再生することが可能になります。
※1 機能の一部は2015年3月実装予定
録画管理イメージ

Gatewayサーバー機能

Gatewayサーバー機能は、IPアドレス・Port番号を指定することによって、対象PCのリモート接続利用時のアクセス制限を可能にします。なお、IPアドレスは直接指定する以外にも、正規表現やワイルドカード指定など柔軟に設定が行えるほか、URL(ページ単位)での指定にも対応しています。 ISAC2アクセス制限イメージ

このページの先頭へ

ISAC2機能紹介

ISAC2のシステム構成並びに搭載機能をご紹介致します。

フィルタ機能(IPアドレス・通信port・URLによるアクセス制限機能

IPアドレス・Port番号を指定することにより、アクセスを制御することができます。 IPアドレスは直接指定のほかにも、正規表現やワイルドカード指定など、柔軟に設定が可能です。
また、URL(ページ単位)での指定も対応しております。

フィルタ設定画面

操作ログ生成機能(IVEX Meta Logger ISAC2搭載版

※ログビューアー管理画面

IVEX Logger Seriesのログ生成機能をご利用いただけます。

生成されるログ項目はIVEXLoggerSeriesと同様です。

ISAC2は操作履歴の動画記録・詳細検索・接続制御のすべてをカバーしており証跡管理に効果的なアクセスレコーディングソリューションです。

このページの先頭へ

ISAC2 システム構成・動作環境境

ISAC2のシステム構成は下記になります。

システム構築

ネットワークアドレス・ネットワーク機器の設定変更など、従来、非常に手間のかかっていたアクセスコントロールも、ISAC2なら簡単に導入することが出来ます。 ISAC2システム構成

ISAC2 動作環境

ISAC2 関連の各モジュールの動作環境は以下の通りです。

踏台サーバ(Gateway Server)
OS Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2
DBサーバ
CPU Intel Xeon x64プロセッサ(2.0GHz 以上)
メモリ 8GB以上推奨
HDD 保管期間と記録動画サイズに応じたディスク容量が必要です
OS Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、
Windows Server 2012 R2
DB SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012
参考値

※1ユーザ当り 約280MB/日(動画) 約4MB/日(ログ)動画サーバ1台あたり200ユーザまで対応

  低画質 標準 高画質
記録サイズ 約15MB/時間 約25MB/時間 約35MB/時間

ISAC2に関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

ページの先頭へ