人事からのメッセージ

システムエグゼで働くことの魅力は?
尾 形
企業というイメージの中でよく聞くようなこと、
例えば何か縛りがあるなどということが当社にはないんです。

本人がやりたいことやチャレンジしたいことをどんどんやらせてくれるという社風がありますので、
そういったところが働くことの魅力の一つかと思います。

やりたいことをやれる、どんどんチャレンジできるという社風が魅力だと思います。

加 藤
やる気がある人にとっては非常にやりがいがある環境の会社だと思います。

止まってるのがいい人には向かないかもしれないんですけど、
常に「成長したい」とか「変化したい」という方には魅力的に感じられると思います。

頑張りたいという思いが強い方には、チャンスも与えられますし、
そういう機会も与えられますので最高の職場だと思っています

職場の雰囲気について
尾 形
一言でいうと全体的に明るいです。

社員も明るい人が多いですし、環境面でも清潔感があって綺麗だと思います。
面接や説明会にいらした学生さんからも綺麗なオフィスですねと言われています。

加 藤
職場の雰囲気はとても明るいと思いますね。 オフィスも綺麗だと思いますし、環境面も非常に良いと思います。

設備もコーヒーメーカーがあるなど、働く人のことを考えていると感じられると思いますね。

教育、研修制度について
尾 形
当社の中で自慢できることはいくつかありますが、一番自信を持って充実してると言えるものだと思っています。

例えば、新卒で入社された方の場合は新人教育にとどまらず、当社の社員になった途端に、ほぼ一生様々な研修を受けていただける制度があります。

客観的に見ても、本当にこの会社ほど教育制度が充実している会社はないんじゃないかと思うほど、自信を持って充実してると言えると思います。

― 教育制度に関して、創業当初からずっとそうなんですか?

徐々によくなってきたと思いますが、基本的な考え方は元々あったと思いますね。
私が入社したのは会社が8年目の時でしたが、人数もまだそんなに多くなかったんです。

ですので、やりたくてもできないこともあったと思いますが、
基本方針というものはあり、それを徐々に形にしてきたという感じですね。

会社が大きくなるにつれ、研修制度も整ってきて充実させてきたという形です。

加 藤
他社では教育というのはOJTとか自己啓発がほとんどだと思うんですね。

お金は出すから試験受けなさいとかセミナー受けなさいとかいう会社が多いと思います。
当社ではそういった教育に加え、リーダー研修やPM研修、階層別研修など
様々な研修を会社が率先して用意しているんです。

個人的には階層別研修は、稀にみるいい研修だと思っています。
同期が一堂に会してグループワークの形式で行っていますから、
いつもの職場では言えない意見などが出てきたりするんです。
SWOT分析などを実施すると様々な切り口で様々なことをタイトルにして、
日々思っていることがすごい出てきたりするんですよね(笑)

そういった研修というのは研修を受けている社員の成長に繋がりますし、
その場で出てきた意見などを会社が吸い上げる仕組みを作ることができれば
更に良い研修になると思うんです。
研修というものが会社の改革に繋がると思うので、そういう意味で今の仕組みは
非常に素晴らしいし、長く続けていくべきだと思っていますね。

― 加藤さんは教育・研修の責任者ですが、今後も研修には力を入れていきますか?

そうですね。

今は「社会人としての教育」と「IT技術者としての教育」という
大きく分けて2つに分かれていますが、「当社の社員としての教育」を
加えていくという命題があるんです。

それが先程言った、「会社をいかに良くしていくか」という課題に対して
全社員の意見を吸い上げるという良い機会になると考えています。

どんな人が向いている?(活躍できる?)
尾 形
私が思うのは「誰かの為に役に立ちたい」という思いが強い方や「相手の喜ぶ顔が見たい」というような考えを持ってる方が向いていると思います。

― それはサービス業などが好きという方ですか?

んー、それはまた少し違いますね(笑)

「似て非なるもの」というか、それとはまた少し違ってるんです。
今は技術のことをメインに話してるんですが、
正直言って大変なことの方が多いと思うんですね。
でも、それを頑張れって乗り越えられるというのは、
「お客様の喜ぶ顔が見たい」とか「お客様に便利に使ってもらいたい」
という思いがあるからだと思うんです。

例えば、これをやったら会社の利益になるからという理由で頑張る人って
あまりいないと思うんですよ(笑)

結果、やり遂げた後にお客様から「ありがとう」と言っていただいた時に、
達成感や充実感、やりがいというものを感じるという話をたくさん聞いているので、
そういった話を聞いたうえで、そういう人が向いているんじゃないかなと思いますね。
逆にそこまで想像力を働かせられない人は、
どこかで心が折れてしまったりするんじゃないのかなと思いますね。

加 藤
伸びたい方とチャレンジしたい方ですね。
グルーピングで言いますと、起業したい方と言えばいいんですかね。

見ていて何事にも物怖じすることなく「分社化させてくれ」というような勢いがある方に
非常に向いている会社なんじゃないかなと思っていますね。

現状はエグゼソリューションズという子会社しかないのですが、
分社化できそうな雰囲気もありますし、実際に可能だと思っています。
とにかく伸びたい方・チャレンジしたい方が向いていると思いますね。

キャリアプランについて
尾 形
自分で設計できる会社だと思いますね。

会社から押し付けられたことを嫌々やるということではなくて、
全ての職種において自分で設計できますね。

それは当社の魅力でもあると感じています。
自分が設計したキャリアプランに対して先輩・上司がキャリアプランを実現できるように
バックアップしてくれる体制が整っていますね。

加 藤
そもそも自分の10年後のキャリアを思い描きながら働いてる社会人って
そんなにいないんじゃないかと思うんですよ。

漠然と、例えば新入社員が10年後に部長になりたいとか、
もしくは10年後に社長になりたいとか考えてる人はいるかもしれないですけどね。

では、そこに向かっていくには

・どのようなステップを踏んで
・どのようなポジションに就いて
・どのような人物になって
・どのようなことを学んで

という計画まで立てられてる方って
そんなにいないと思うんですよね。

それを勝手に個々人でやりなさいと言っても
なかなかできることではないので、
当社では仕組みとしてキャリアプランというものがあるんです。
自分で自分のキャリアプランを設計し、先程尾形さんが仰ったように
それを周りがサポートしていきます。

順調に思い描いたキャリアプランを歩む方もいますし、
月に一回の面談によって見直しが必要な方もいると思います。

10年後の目標を掲げて日々過ごすことは、普通じゃありえないことだと思いますので、
ぜひ自分なりのキャリアプランを当社で描いていただきたいなと思います。

面接で重要視していることは?
尾 形
面接のヒントになっちゃうのであまり言いたくないんですけど…(笑)少しだけお話するとしたら、当社は人物重視ですね。

大学生の方だと、それまで歩んできた21年間の経験から何を学んだか、そうしたものから熱意を感じられるかどうかという点をよく見ていますね。

これ以上は企業秘密なのでご容赦ください(笑)

― では、尾形さんは個人的にどんな方と一緒に
働きたいと思いますか?

「成長したい!」と思ってる人ですね。

私が学生の皆さんによくお話するのは
「当社を足がかりにして、起業するでも、転職するでもいいんです。
とにかく当社を利用して成長するんだという考えでもいいと思います。」
ということです。

当社が何の為に存在しているのかといったら
「社員が成長できる場」としての存在していると思ってます。
会社としてもそういったことを存在意義として掲げております。
「とにかく成長したい!だからシステムエグゼを選びました」と
言ってくれても全然構わないと思ってますね。

そのような成長意欲が高い方だと先輩や上司も育て甲斐があるのではないでしょうか。

加 藤
学生の方に対する面接なので、やっぱり「元気さ」と「正直さ」、「素直さ」が
一番気になるというか、そういった点をを評価します。

あまり言葉を飾らない、自分の言葉で学生の頃に取組んだことを
自信を持って話す、自分はこういったことをやりたいんだということを
目を輝かせながら話すなどという点に魅力を感じますね。
変に大人びていなくて魅力的だと思います。

― どんな人と一緒に働きたい?

会社なので協調性がある人と私は仕事をしたいと思っています。
IT企業なのでシステムがトラブルを起こしたり、障害が発生することが稀にあるんです。
そんな時に隣のチームが大変なことになっていたら、
「じゃあちょっと手伝おうか」と言って一緒に徹夜したりというのが、
私が若い頃に一番チームワークを強めていった出来事なんです。

仕事で問題が起きるとチームワークも強くなりますし、
解決することで仕事を一番覚えるんですよ。
机上で勉強することなんかより断然覚えられますね。
ですので、そういった協調性がある方と働きたいですし、
そういう方であれば、どんどん成長できると思います。

学生へのメッセージ
尾 形
まずは学生の本分である学業とか部活とかサークルに一生懸命取組んでください(笑)そういった経験が就活のときや、社会に出てからも必ず役に役にたつと思います。

就活という点においては、今の時代はあまりにも情報が溢れ過ぎているのでそういった情報に惑わされないように自分をしっかりと持つことを意識していただきたいなと思います。

また固定概念などにも縛られることなく、自分自身の考えをしっかり持つようにしてください。

もしご縁があり入社していただくことになった場合は、絶対に後悔をさせないように全社員一丸となって、一流の技術者・一流の社会人として育てていきます。

加 藤
大企業志向という方もいると思うのですが、
大きな組織に入って一つの小さな歯車になるのは嫌だと感じる方もいると思います。

そういった方は、これからどんどん伸びようとしている当社に
入社していただきたいと思います。

やる気さえあれば、勉強する場もたくさんあり、社長にもなれるかもしれない。

いくらでも伸びることができる当社に入社していただき、
ぜひとも自分を伸ばしていただきたいと思っています。

ページの先頭へ