プレスリリース

2016年10月17日

データメンテナンス環境の超高速開発ツール
『DBエース』新バージョンリリース


株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 酒井博文)は、データメンテナンス環境構築ツール『DBエース』の新バージョン『DBエース Ver.5.0』を2016年10月17日より提供開始いたします。

『DBエース』は、データベースの構成情報を自動で解析し、データメンテナンス画面(新規/更新/複写/参照/削除)を超高速に生成するツールです。

システムにおいてマスタメンテナンスは重要ではあるが、業務要望にシステム構築が追い付かず、直接SQLの実行、ACCESS、EXCELなどを用いてデータメンテナンスを行うことが実情です。
このような仕組みでは、データの入力制限やセキュリティ設定がない作業になるため、データベースや業務システムを理解した限られた人に頼った作業となり、データ入力ミス発生リスクや俗人化が大きな課題となっております。

『DBエース』はWEBブラウザ画面で数クリックするだけで、簡単にデータメンテナンス画面を生成することができるため、業務要望に対して、データメンテナンス画面をフレキシブルに対応することが可能です。また、「アクセス制限・入力制御」設定を行うことでデータ入力ミス発生を抑制でき、「内部統制対策」に操作ログを利用できる製品です。

ライセンス体系はDBオブジェクト(テーブル)単位なので、データメンテナンス業務をシステム部門だけでなく業務部門など様々な人が行えます。通信業界や食品業界での豊富な導入実績があり、システム運用・開発コストの削減、および安心したデータメンテナンス業務への活用として好評いただいております。

■新バージョン『DBエース Ver.5.0』の特徴

  1. 1.プラットフォーム追加
    『DBエース』の稼働OSにCentOS7を追加しました。
    『DBエース』の実行環境をJRE8、Apache Tomcat8に対応いたしました。
    『DBエース』の動作ブラウザにGoogle Chromeを追加しました。
  2. 2.データメンテナンス対象RDBMSの追加
    対応RDBMSに、PostgreSQL 9.3、9.4、MySQL5.7を追加しました。
  3. 3.その他機能追加
    外部認証(ActiveDirectory、LDAP)との連携機能を追加しました。

※『DBエース Ver.4.0』で対応していた各種製品の旧バージョンは、製品開発元のサポートポリシー等により、『DBエース Ver.5.0』で一部非対応とさせて頂いております。

■販売開始時期

販売開始 2016年10月17日

出荷開始 2016年11月 1日

■価格

販売価格 600,000円~(消費税抜き)

■DBエース 製品紹介サイト

http://www.system-exe.co.jp/product/db/dbace1.html

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
 株式会社システムエグゼ
営業&コンサルティング本部 マーケティング部
TEL:03-5299-5352

  • セミナー・ イベント情報
ページの先頭へ