プレスリリース

2017年5月19日

4ステップでサーバーを構築

運用/保守コストを90%削減する新製品を発売


株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒井 博文)は、オンプレミス環境下で4ステップのみでサーバーを構築し、運用/保守コストを約90%カットできる新製品『サーバーコーチくん』を開発し、2017年5月19日に販売開始いたします。
これまで工数を割いていたサーバー構築を簡単なWeb画面上の操作(4ステップ)で完了する為、インフラエンジニアの負担を軽減するだけでなく、運用/保守業務を外部ベンダーに委託されているお客様は自社内での対応が可能となります。

従来、お客様よりインフラエンジニアの人月単価について疑問の声をたくさん頂戴しておりました。
その度に、経験豊富なインフラエンジニアに頼るしかなかった作業を、お客様自らの簡単な操作のみで可能にすることはできないかと考え、当社がこれまで培ってきた高度な技術やノウハウを集約することでお客様に貢献したいという思いから『サーバーコーチくん』を開発するに至りました。

『サーバーコーチくん』は、SaaS提供の為、導入用に新しいハードウェアを購入する必要はありません。
また、利用しなくなった際は、いつでも解約可能ですので、余分なコストも発生しません。
『サーバーコーチくん』を導入いただくと、社内リソースでサーバーの構築~運用/保守が可能となる為、従来比約90%のコストカットが実現可能です。

■主要機能

1. サーバー複製機能(IaaS基盤提供)

Sierやシステムエンジニアに頼っていたP2VやV2Vを必要最低限の情報入力のみで可能とします。

<活用シーン>

  • 物理サーバーの老朽化やリース切れへの対応として、その環境をまるごと仮想マシンへ移行したい場合
  • 複数の仮想環境に点在している仮想マシンを集約し、統合管理したい場合
  • 本番サーバーしかなく、新たに開発サーバーを用意したい場合(本番サーバーから複製)

2. サーバー作成機能(PaaS基盤提供)

Sierやシステムエンジニアに頼っていたWebサーバーやDBサーバーのセットアップを必要最低限の情報入力のみで可能とします。(商用データベースにも対応可能)

<対応ソフトウェア>

  • WEB:Apache、Tomcat
  • DB:SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL

3. ドキュメント維持管理機能

稼働中のサーバーからいつでも最新情報を取得し、最新のドキュメント(設計書)を作成します。

<活用シーン>

  • 前任の担当者が異動し、設計書がどこにあるかわからない場合
  • 設計書はあるが、最新かどうかわからない場合

4. サーバー操作機能

サーバー管理者にしかできなかった操作の一部をサーバーやシステム単位でアプリケーションベンダーや主管部門に開放します。

<活用シーン>

  • プログラム変更などでサーバーの起動/停止が頻繁に必要となる場合
  • プログラム開発中で何パターンかのプログラムバージョン/データポジションを維持管理したい場合(バックアップ(スナップショット)/リストア操作を開放)

■製品名

サーバーコーチくん

■発売開始日

2017年5月19日

■販売料金

月額250,000円(税抜)~

■サーバーコーチくん 製品紹介サイト

http://www.system-exe.co.jp/solution/division/svk.html

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
 株式会社システムエグゼ
営業本部 マーケティング部
TEL:03-5299-5352

  • セミナー・ イベント情報
ページの先頭へ