プレスリリース

2017年9月1日

テストデータ作成ツール『テストエース』が
9月1日に新バージョンをリリース
~ インタフェース強化・対応RDBMS数を拡大 ~


株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 酒井博文)は、テストデータ生成ツール『テストエース』の新バージョン『テストエース Ver.7.1』を 2017年9月1日より提供開始いたします。

■背景

これまでの実績から、テストデータ利用の標準としてツールが活用されるようになると、テスト業務の品質向上・工数軽減の効果から、テストデータ作成の対象が増加傾向にあることがわかりました。

また、従来のテスト業務だけでなく、匿名加工情報によるビッグデータ活用で語れるように、本番データを加工処理し、データの価値を引き出す分析にテストデータの利用機会が増える傾向にあります。

このような変化によって、テストデータを管理する現場においては、セキュリティと利便性にバランスをとりつつ、テストデータ作成の俊敏性に関して、さらなる必要性が高まっています。

新機能の「設定書(Excel形式)」利用は、テストエースGUIの作業をExcelの入力で代替することで、上記課題を解決いたします。

■機能の強化と拡大について

  1. 1.設定書利用によるユーザーインタフェース強化
    テストエースのGUI操作による入力作業、テストデータ作成実行を、「設定書(Excel形式)」による代替が可能になりました。
    これにより、利用部門自らが、「テストデータ化の変換ルール」を「設定書(Excel形式)」に記入し、 テストエース管理者は、「設定書(Excel形式)」の内容を瞬時にテストエースに登録可能となります。 テストエース管理部門の運用および、企業内部のテストデータ利用の監査に、「設定書(Excel形式)」 を報告書として、誰にでも理解できる形で社内に提供することが可能となりました。
  2. 2.プラットフォーム拡大
    テストエースの実行環境を、Windows Server 2016に対応しました。
    テストエースのリポジトリデータベースを、SQL Server 2016に対応しました。
  3. 3.マスキング対象データの対応RDBMSを追加
    対応RDBMSに、SQL Server 2016、Oracle Database 12c R2を追加しました。

■『テストエース』製品紹介サイト

http://www.testace-utility.com/

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
 株式会社システムエグゼ
営業本部 マーケティング部
TEL:03-5299-5352

  • セミナー・ イベント情報
ページの先頭へ