ソリューション

Planning and Budgeting Cloud Service(PBCS)

Planning and Budgeting Cloud Serviceとは?

Planning and Budgeting Cloud Service(以下「PBCS」)とは、世界10,000社以上、国内1,000社以上の導入実績を持つ予算編成・管理ツール「Oracle Hyperion Planning」のクラウド版サービスです。直感的なWebインターフェースを使用したデータ登録・レポーティング・分析により、お客様の管理会計業務を徹底的に効率化いたします。

 システムエグゼでは「Oracle Hyperion Planning」、「Oracle Essbase」の大手企業を中心とした豊富な導入実績に加え、当社独自のクラウド分野に関する高い技術力でPBCSの導入支援、延いてはビジネス拡大をサポートいたします。




製品構成イメージ図




製品特徴

Web/Excelインターフェース

PBCSではWebブラウザとExcelからのデータの入力/出力に対応しています。これにより各ユーザ毎に使い慣れたインタフェースを利用して管理会計業務が行えます。

さらに、PBCSのWeb画面はタブレット端末からのアクセスを意識したデザインが採用されています。これによりタブレット端末からでも違和感なく直感的にPBCSの機能を活用できます。




簡易ダッシュボード作成機能

PBCSでは作成済みの帳票をデータソースとして、表とグラフを組み合わせた簡易ダッシュボードを作成でき、迅速かつ視覚的に経営状況を把握することが可能です。




豊富な分析/シミュレーション

PBCSでは経営者、経理・財務、部門管理者などの各層ごとに必要となる分析/シュミレーション画面をあらかじめ作成しておくことで、担当者が容易に分析/シュミレーション業務を行えます。

また、アドホック分析機能により、ユーザがその場で分析したい視点で容易に画面を作成できます。

もちろんアドホック分析機能を用いて作成した画面を他ユーザと共有することも可能です。




クラウドサービスによる低コスト運用

クラウド上に構築されたサービスを提供するため、固定資産を自社で管理する必要がありません。

それに加えて、パッチの適用/製品のアップデートが自動で行われるため、追加での作業を必要とせずに常に最新のサービスをご利用いただけます。





| 概要 | サービスメニュー | サービス価格 | お問い合わせ |


PBCSに関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

このページの先頭へ

ページの先頭へ